Top > アジア家具(アジアン家具)の特徴

アジア家具(アジアン家具)の特徴


【送料無料】本棚や飾り棚としても使えるアジアン家具シノワシリーズアジアンバンブーキャビネ...

 

アジア家具は、インドネシア(バリ島)やベトナムを中心とした東南アジア諸国、中国、タイ、インドなどで作られた、リゾートテイストあふれる家具を指します。

価格も比較的安価で、昨今の癒しブームに乗って、日本でも急速に広まってきました。

エステやスパのインテリアとしても、最近はよく見かけられます。

アジア家具の素材としては、バンブー(竹)、ラタン(籐)、マホガニー、チークなどで、ダークブラウン系のトーンが中心です。

細部まで丁寧に作り込まれた北欧家具などと比べると、アジアン家具は、素材そのままの持ち味がストレートに活かされているのが特徴。

竹や籐は、日本でも古くから用いられている素材ですから、アジア家具は和室にもよく合います。素材のぬくもりや、どことなく漂うリゾート感覚が魅力の一つです。

高温多湿の熱帯・亜熱帯気候の風土産のため、風通しのよい構造となっており、ラフでくつろげるリラクゼーション空間を演出します。

 キャンピングカーのレンタル  グーグルアース  ケルトコブラ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
家具選びのポイント(2009年8月17日)
家具の賢い選び方(2009年8月17日)
アジア家具(アジアン家具)の特徴(2009年8月17日)
アジアン家具・アジア雑貨の特徴(2009年8月17日)