Top > アジアン家具・アジア雑貨の特徴

アジアン家具・アジア雑貨の特徴


セールSALE%OFFOUTLETひとり暮らし1R1K人気アウトレットパイン材家具本棚書棚ブックラック多目...

 

アジア家具は、バリ島を中心としたインドネシアや、その他の東南アジア諸国、中国やインド等で作られた家具のことです。

その、リゾートスタイルの涼しげなデザインと、ラフで素朴な素材感とで、日本でも人気が年々高まっています。

アジア家具の特長は、熱帯・亜熱帯地域産のバンブー(竹)、ラタン(籐)、チークなどの天然素材にあり、これらは和室や畳などの和風インテリアにもよくなじみます。

また、天然木の手触りや、ほんのりと香る木の匂いなどもリラクゼーション効果を高め、リゾートテイストを醸し出します。

そのため、アジア家具は、アジアングッズや雑貨とともに、エステティックサロンやスパなどのインテリアに使われることも多くなりました。

価格も、北欧家具などと比べて比較的安価なうえ、1品でも部屋の雰囲気をガラッと変えてしまう個性があるので、手軽にインテリアのイメージチェンジを楽しめます。

 ルクルーゼ  進研ゼミ  千趣会  辻村明須香
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
家具選びのポイント(2009年8月17日)
家具の賢い選び方(2009年8月17日)
アジア家具(アジアン家具)の特徴(2009年8月17日)
アジアン家具・アジア雑貨の特徴(2009年8月17日)